【遂に逮捕】楽器店元店長「客の楽器を50本以上質屋に入れた。700万〜800万になった。」

杉並区の楽器店、客から預かった楽器を無断で質入れしていた事が判明。 【借りパク】楽器店が顧客の高級楽器を返さずそのまま閉店。被害者は10人以上

オリジナル楽器を作るので採寸させて欲しいなどと言い、客の楽器を預かったまま閉店。

その後音信不通になっていた杉並区の楽器店「バディサウンドワークス」の元店長が逮捕された。

楽器店の運転資金が足りず約5年前から質入れを始め、これまでに50本以上、計700万〜800万の現金に換えていたという。

客の楽器を50本以上質屋に入れた

客が預けたビンテージのギターなどを返さず、トラブルになっていた東京・杉並区の楽器店の店長について、警視庁は14日、業務上横領の疑いで逮捕した。

業務上横領の疑いで逮捕されたのは、杉並区の楽器店「バディサウンドワークス」の店長・山本誠容疑者。警視庁によると山本容疑者は、修理で預かった客のベースを勝手に質店に入れ、現金25万円を横領した疑いがもたれている。

山本容疑者の店では1本100万円以上のビンテージのギターなど客が預けた楽器が返却されないトラブルが相次ぎ、警視庁にも20件以上の相談が寄せられていた。

山本容疑者の自宅からは、ギターなど20本近くが捜査員によって運び出された。

調べに対し、山本容疑者は容疑を認めた上で「50本以上質屋に入れた」「700~800万円くらいになった」などと供述しているという。

引用:livedoornews

スポンサーリンク

Twitterの反応

杉並区の楽器店、客から預かった楽器を無断で質入れしていた事が判明。 【借りパク】楽器店が顧客の高級楽器を返さずそのまま閉店。被害者は10人以上