西日本豪雨で被災した管楽器を無償修理する神対応中!岡山県楽器店チームを応援しよう!

クラーボ編集部

岡山県の楽器店チームが西日本豪雨被害で被害を受けてしまった管楽器を無償で修理対応してくれています。とても素敵!

ニュースの概要

倉敷市宮前の楽器店「中川楽器」が、西日本豪雨で被災した管楽器を無償で修理している。

思い出の楽器の輝きを取り戻し、その音色で被災地が元気になれば。そんな思いで泥だらけの楽器を磨き上げている。

 中川楽器にはこれまで、土砂がこびりつくなどしたトランペットやサックスといった管楽器約60本が持ち込まれた。部品の交換代も含めて無償で修理する。社長の中川啓(けい)さん(44)が決めた。

 JR山陽線倉敷駅の北約1キロにある店に被害はなかった。豪雨の後、ペットボトルに水道水を詰め、断水が続いていた倉敷市真備町地区で掃除に使えるようにと軽トラックで運んだ。浸水した家屋から出されるゴミの山を見て、中に楽器もあると思うと心が痛んだ。

 「家やテレビは直せないけれど、楽器なら直せるから」。SNSなどで修理を受け付けることを伝えた。

 専門技術を持つスタッフが水洗いし、バネやピストン、抜き差し管などに分解。超音波洗浄機で汚れを取る。磨き上げ組み立てると楽器は輝きを取り戻す。

 同市真備町箭田の女性(49)は、高校3年の娘(18)のクラリネットが元通りになったと聞き、「感謝の思いを言い尽くせない」と声を詰まらせた。

 自宅は2階まで浸水。ピアノ2台を含む家財道具は泥水の中で泳いだようになり、すべて捨てた。1階に置いていたクラリネットもケースごと水につかり、「だめかもしれない」と思いながら修理を頼んだ。

 7月28日に「直りましたよ」と中川さんから連絡を受けた。「家のものが何もなくなった中で、宝物が残った。クラリネットが助かったことで、私たちの気持ちも救われた」と話す。
引用:livedoorニュース

スポンサーリンク

西日本豪雨で被災した楽器を無償で修理するプロジェクトチーム【楽器なおし隊】

クラーボ編集部

岡山市の服部管楽器さんが中心となり今回ニュースでご紹介した倉敷市の中川楽器さんと岡山市の楽器堂さんの3店が協力して豪雨被害にあった管楽器を無償で修理してくれています。
クラウドファンディングで支援募集中

すでに楽器なおし隊はパンク寸前の状態となっています。

とくに、楽器堂さんが受け持つLM系楽器は本数が多く、最も修理が殺到している部署となりました。
被害の大きい倉敷にある中川楽器さんにも毎日楽器が届いております。

今はまだなんとか対応しておりますが、今後、パンクの可能性があることは頭を悩ませております。隣県の楽器店さんにも頼らせていただくのですが、ここで運搬のコストが発生してしまいます。

元々、私服部が考えて、一人でもやろうとしたプロジェクトですので、服部管楽器に殺到する分には身を粉にしてがんばる覚悟があったのですが、協力店さんに殺到するとなると、考えなくてはなりません。ボランティア活動をしてもらっている間は、お店の通常業務ができないわけですから、負債に転じます。
当然、中川楽器さんも楽器堂さんも無償で技術支援に賛同してくださってのことなので、弱音を吐きません。
とは言え、パンク寸前までがんばっている姿を見て、せめて、協力店舗さんに然るべき金銭の援助ができたらと思っています。
そして、様々な楽器業界の方に協力してもらい、被災した楽器を一本でも多く修理し、被災された方には一刻も早く元の生活に戻っていただきたいと思っております。
もし楽器なおし隊の活動にご賛同いただける方がいらっしゃいましたら、どうぞ、ご支援の程よろしくお願いします。
引用:https://camp-fire.jp/projects/view/88868

支援の詳細はこちら
参考 【楽器なおし隊】西日本豪雨で被災した楽器を無償で修理したいのです。クラウドファンディング

楽器なおし隊、各楽器店のFacebookページ




クラーボ編集部

当編集部からも個人名で微力ながら支援させていただきました。今回の楽器なおし隊の活動を応援したい!って方はぜひ詳細をご覧ください!
支援の詳細はこちら
参考 【楽器なおし隊】西日本豪雨で被災した楽器を無償で修理したいのです。クラウドファンディング