【夏にぴったり】パラグライダー上空800mでのクラリネット演奏が爽快過ぎる!!

パラグライダーに乗ってクラリネットを演奏する男性の動画が話題になっている。この男性はトルコ人の医療関係者で趣味でクラリネットの演奏をしているという。

クラーボ編集部

怖すぎて私には無理だけどやってみたい!!

動画

クラーボ編集部

上部(キャノピー)には何故か漢字が書いてあります。
スポンサーリンク

パラグライダー

パラグライダー (Paraglider) はスカイスポーツの一種。パラグライディングとも。このスポーツの総称をパラグライディング、飛行するための機体一式をパラグライダーと区分することもある。国際航空連盟(FAI)のカテゴリーではハンググライダーの一種に分類されている。
パイロットは、ハーネスという装備に座り、左右の操縦索を手で操作して滑空する。パイロットは、まず風に正対して翼を地面に広げ、向い風で翼を真上に上げ、滑空状態にしてから離陸する。機体から6対1から10対1程度の滑空比が斜面の傾斜より浅いため、数メートル程度の助走で離陸する。上昇気流を利用しながら飛行を楽しんで、(多くの場合は)山の麓に用意してある着陸場に着陸する。巡航速度は36km/h程度。20km/hから60km/h程度(対気速度)の速度域で飛ぶことができる。着陸のときは、着陸場近くで高度処理をし、着陸点(ターゲット)へ、向かい風の下、フレアー操作とともに足から降りて着陸する。
引用:Wikipediaーパラグライダー