高級感あふれる「ファミリーマートの主題による変奏曲」のクオリティが凄い

スポンサーリンク

国内だけで18,000以上の店舗数を誇る大手コンビニエンスストアのファミリーマート。このファミリーマートの入店音はほとんど人が耳にした事があるとおもいます。そう「ティリリリティリ~ン・ティリリリリ~」というアレです。今回はこのファミリーマート入店音を変奏曲にしてしまった動画をご紹介します。

ファミリーマートの主題による変奏曲

主題となる旋律は当然ファミマの入店音。この主題が21の変奏で表現されます。ピアノ、フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴットの五重奏です。変奏はモノフォニーや対立法から始まりその後モーツァルト~ストラヴィンスキーまで徐々に現代に近づいてきます。西洋音楽300年ぐらいの歴史を一気に楽しめますね♪

2016/01/25 に公開されたMega Ne Ensembleさんの作品です。

いつも聞きなれたファミマの音が壮大な変奏曲へと変化しています。主題もじっくり聞くととっても心に響く気がして高級ホテルのエレベーターとかのBGMでも違和感がない気がしますね♪

変奏の流れ

1. テーマ
2. モノフォニー
3. 対位法
4. バロック時代のソナタ
5. モーツァルト
6. ベートーヴェン
7. ハイドン
8. 古典派のレチタティーヴォ
9. ウェーバー
10. シューベルト
11. ショパン
12. ドヴォルジャーク
13. ブラームス
14. ムソルグスキー
15. ドビュッシー
16. ラヴェル
17. サティ
18. ラフマニノフ
19. ストラヴィンスキー
20. ドラマのエンディング
21. 映画予告編

スポンサーリンク  

ファミマの入店音を解説

せっかくなので今回の主題となっているファミマの入店音の原曲についても触れてみます。

上記動画はファミマ入店音原曲の作曲者である稲田康さんご本人による演奏です。

ファミマ入店音の正式な曲名は、メロディーチャイムNO.1 ニ長調 作品17「大盛況」

作曲者ご本人曰く、3度で柔らかい印象、5度で空虚で冷たい印象を与えるように作曲しているそうです。このファミマ入店音は3度で始まり5度のあと3度で解決する流れとなっています。

稲田康さんはこんな有名音も作曲

絶対聞いたことがあるであろうエレベーターの音。こちらも優しい表現に3度を使っています。

まとめ

日頃何気なく聞こえてくる音にも作曲者がいて想いを込めて作っています。そしてそれを編曲して新しい表現をする人もいます。音楽って素晴らしいですね。これから街を歩く時は耳を澄まして色々な音を探して見ようと思います♪

参照元:デイリーポータル

スポンサーリンク スポンサーリンク