【吹奏楽男子に捧ぐ】まだ間に合う!バレンタインチョコ大量ゲット3つの秘訣

スポンサーリンク

吹奏楽男子の皆様、もうすぐバレンタインですね。そこで今回は吹奏楽男子に捧ぐ、まだ間に合う!バレンタインチョコ大量ゲット3つの秘訣をお送りいたします。この記事を最後まで読んだ吹奏楽男子は確実に今年貰えるチョコレートの数が増加します。バレンタイン直前まで使えるテクニックをご紹介していますのでチョコレートを沢山貰いたい吹奏楽男子は正座して最後まで真剣に読んでみてください。

バレンタインデーとは何なのか?

吹奏楽男子がバレンタインチョコを大量にゲットする為にはバレンタインデーについての基礎知識が必要です。まず初めにこの基礎知識を頭に叩き込みましょう。以下の文章をお読みください。

バレンタインデーの歴史は、ローマ帝国の時代にさかのぼるとされる。
当時、ローマでは、2月14日は女神・ユノの祝日だった。ユノはすべての神の女王であり、家庭と結婚の神でもある。翌2月15日は、豊年を祈願する(清めの祭りでもある)ルペルカリア祭の始まる日であった。当時若い男たちと娘たちは生活が別だった。祭りの前日、娘たちは紙に名前を書いた札を桶の中に入れることになっていた。翌日、男たちは桶から札を1枚ひいた。ひいた男と札の名の娘は、祭りの間パートナーとして一緒にいることと定められていた。そして多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、そして結婚した。(中略)この日は祭日となり、恋人たちの日となったというのが一般論である。引用:Wikipedia

次になぜバレンタインデーに「チョコレート」なのか。確認してみましょう。

日本で「バレンタイン」という言葉が最初に使われたのは、神戸モロゾフ洋菓子店が1936年2月12日に国内英字新聞に「バレンタインチョコレート」の広告と言われています。その後、1958年にメリーチョコレートが伊勢丹新宿店とタイアップして、「バレンタインセール」を企画。今現在に伝わるブームの火付け役となりました。引用:バレンタインの真実を追え

日本ではチョコレートメーカーの意向で商業的に利用されているようイベントの様ですね。でも可愛い女子からチョコレートを大量に貰えるならそんな細かい事は気にしません。基礎知識を頭に叩き込んだら次の項目からいよいよ実践的スキルの説明に入ります。

スポンサーリンク スポンサーリンク
*新着アンケート*