【動画】プロ奏者がヘリウムガスを吸ってクラリネットを演奏したら凄くヘンテコになった

皆様、ヘリウムガスを吸って楽器を演奏した事はありますか?

ヘリウムガスを吸うと独特な高い声になる事はご存知だと思いますが、楽器の場合はどうなるのでしょうか?

クラーボ編集部

クラリネット奏者エミール・ヨナソン氏がヘリウムガスを吸って演奏している様子をご覧ください♪

動画

プロのクラリネット奏者がヘリウムガスを吸ってモーツァルトのクラリネット協奏曲を演奏したらどうなるのか。

20秒〜がヘリウムガスを吸った演奏です。

注意
危険ですので絶対に真似しないでください。
スポンサーリンク

エミール・ヨナソン

引用:http://emiljonason.se/photos/

10歳でクラリネットを始める。地元の音楽学校を卒業後すぐに才能が開花した。21歳でヘルシンボリ交響楽団とニールセンの協奏曲を演奏。
2007年以降はソリストとしてロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団、スウェーデン放送交響楽団、デュッセルドルフ交響楽団など多数のオーケストラと共演。
2016年ソロアルバムをリリース。現在はヨーロッパを中心に活躍し、ロックスターのオーラを持ったクラリネットの魔術師と呼ばれている。

ヘリウムを吸っていない状態のヨナソン氏の演奏


参考 EMIL JONASON CLARINET公式サイト