不気味な楽器「コントラバスセルパン」

ABOUTこの記事をかいた人

クラーボ編集部

クラーボ編集部

楽器が大好きなメンバーが集まるクラーボ編集部です。楽器奏者の皆様に向けて、新鮮な情報やワクワクする情報をお届けしています。 お問い合わせはこちらからお願いします。
スポンサーリンク
2017年7月3日追記:「serpent」は英語読みで「サーペント」と読み「蛇」を表しますが、この楽器はフランスで誕生した楽器ですので、フランス語読みで同じく「蛇」を表す「セルパン(serpent)」と読むのが正しいそうです。お詫びして訂正致します。

チューバの先祖であるオフィクレイドの先祖といわれているセルパンサーペント

オフィクレイドと同じように金管楽器のマウスピースにトーンホールという組み合わせ。

コントラバスセルパン

1590年代にフランスで誕生したと言われている。

セルパンサーペントを直訳すると「蛇」という意味。

セルパンサーペントにはソプラノやアルト、テナーもある。

スポンサーリンク  

動画


スポンサーリンク スポンサーリンク