バリトンサックスそっくりな金管楽器「オフィクレイド」

木管楽器のようにトーンホールで音程を変える金管楽器「オフィクレイド」

お洒落すぎるワニ型ハープの写真を貼ってみる

2017.06.07

ドラゴンヘッドベルの金管楽器ロシアンバスーンが神秘的でカッコいい

2017.06.04

19世紀前半のドラゴンベルを持つ楽器「ビュサン」

2017.06.04

オフィクレイドはフランスの楽器製作者アラリ(Jean Hilaire Asté)が1817年に考案し、1821年に特許を取得した。管はファゴットのように中央で折れ曲がり、サクソフォーンのように9個から12個のキーが付いていて(実際には逆にサクソフォーンがオフィクレイドを模して発明された)、管体の側面に開いた音孔を開閉する。

一般にオフィクレイドと呼ばれている楽器は、トロンボーンやユーフォニアムと同じ全長のB♭管、またはC管で、トロンボーンやユーフォニアムよりやや口径の小さいマウスピースを用い、約3オクターブの音域を演奏する。これをバス・オフィクレイドとして、他にアルト、コントラルト、コントラバスなどのオフィクレイドも造られた。

動画

出典:Wikipedia

お洒落すぎるワニ型ハープの写真を貼ってみる

2017.06.07

ドラゴンヘッドベルの金管楽器ロシアンバスーンが神秘的でカッコいい

2017.06.04

19世紀前半のドラゴンベルを持つ楽器「ビュサン」

2017.06.04

ダブルベルユーフォニアムの音色に癒される

2017.05.31
スポンサーリンク スポンサーリンク

スポンサーリンク