【業界激震】JASRACがついに音楽教室から著作権料徴収へ

日本音楽著作権協会【JASRAC】が音楽教室から年間受講料収入の2.5%を著作権料として徴収する方針を固めたとのニュースが飛び込んできました。早ければ2018年1月から徴収を開始し、徴収額は10億~20億を推定しているそうです。これに業界は猛反発しています。

音楽教室から著作権料徴収の概要

ヤマハや河合楽器製作所などが手がける音楽教室での演奏について、日本音楽著作権協会(JASRAC)は、著作権料を徴収する方針を固めた。教室側は反発しており、文化庁長官による裁定やJASRACによる訴訟にもつれ込む可能性もある。引用:朝日新聞デジタル

著作権法では「不特定の公衆」に聴かせるために歌ったり演奏したりする「演奏権」を作曲家や作詞家が占有すると定められています。JASRACは、この著作権法を根拠としてコンサートやカラオケ、店舗でCDを流す等の行為に対して著作権料を徴収しています。

では何故音楽教室からも著作権料を徴収しようという動きになったのでしょうか?音楽教室では生徒が練習曲や楽曲を演奏して講師の指導の下で学んでいきます。講師がお手本として演奏する事も当然あります。JASRACでは生徒も「不特定の公衆」に該当すると判断したようです。

JASRACは、生徒も不特定の「公衆」にあたるとして、この演奏にも演奏権が及ぶと判断。作曲家の死後50年が過ぎて著作権が切れたクラシック曲も使われる一方、歌謡曲や映画音楽などJASRACが管理する楽曲を使っている講座も多いとみて、著作権料を年間受講料収入の2・5%とする案を検討している。7月に文化庁に使用料規定を提出し、来年1月から徴収を始めたい考えだ。引用:朝日新聞デジタル

 

もちろん著作権は大切です

著作権は作曲家や作詞家の権利を守り、音楽が発展していくためには絶対に必要でとても大切なモノだと音楽に関わる人は皆そう思っています。JASRACの公式サイトにはこのような記述があります。

著作物は自然に生まれるものではなく、作詞者や作曲者をはじめ、それぞれの著作者たちが労力をかけて創作するものです。著作者にとって、多くの人に自分の作品を楽しんでもらうことは喜びであり、新たな作品を創作する励みにもなります。同時に、創作した著作物が利用されるときに正当な対価を得られることも、創作に携わる人たちの創作活動や暮らしを支えるためにとても大切です。また、次の世代が創作を志すインセンティブともなります。

作品への対価が次の創作を支えていく循環を「創造のサイクル」と呼んでいます。著作権は、「創造のサイクル」を循環させ、新たな文化を生み出すために欠かせないものです。引用:日本音楽著作権協会

ネットの反応は?


著作権が大切だという事は当然誰もが理解していますが、今回のニュースに関してネット上で様々な意見が飛び交っています。JASRAC側も、さすがに今回の件に関して若干の炎上は想定の範囲内かも知れませんね。

個人教室はどうなる?

音楽教室は大手のヤマハ系列が約3300カ所で生徒数約39万人、河合楽器製作所は直営約4400カ所で生徒数約10万人。JASRACの推定では、この大手2グループに他の事業者も加え、合計約1万1千カ所の教室があるという。そのうちウェブサイトなどで広く生徒を募集している教室約9千カ所を徴収対象とし、個人運営の教室は当面除外する方針だ。引用:朝日新聞デジタル

上記内容の通り、今回の発表は大手教室を対象としているので個人運営の教室は当面除外する方針だそうです。個人で音楽教室をやっている先生は非常に沢山いらっしゃいますがとりあえず影響なさそうですね。しかし当面と言われても数年後、数十年後はどうなるかわかりません。

ネット上では何かと嫌われているJASRACですが、著作権はとても大切なので今後音楽教室の負担のバランスが上手く取れる形で着地点が見つかるといいですね。

スポンサーリンク スポンサーリンク

スポンサーリンク