広島ウインド音楽監督下野氏と九響ティンパニスト森氏による太鼓の達人対決が話題に

広島ウインドオーケストラの音楽監督の下野氏と九州交響楽団ティンパニストの森氏による太鼓の達人対決がネット上で話題になっている。

選曲はオケの定番曲、ルスランとリュドミラです。

動画

お二方の熱気が伝わってくる素敵な太鼓の達人バトルです!

スポンサーリンク

ルスランとリュドミラ

太鼓の達人 難しさ「鬼」

オーケストラ

『ルスランとリュドミラ』(ロシア語: Руслан и Людмила)は、ミハイル・グリンカが1837年から1842年にかけて作曲したメルヘンオペラである。5幕8場からなり、序曲はしばしば単独で演奏される。

ロシア語の台本は、アレクサンドル・プーシキンの1820年の同名の詩に基づき、ヴァレリアン・シルコフとニェストル・クコリニク、N.A.マルケヴィチらの共作による。台本作者としてプーシキン本人も候補に上がってはいたが、決闘の末の不慮の死によりその計画は叶わぬものとなった。

初演は1842年12月9日(ロシア旧暦で11月27日)にサンクトペテルブルクのボリショイ・カーメンヌイ劇場で行われた。ここは現在はサンクトペテルブルク音楽院の敷地である。

Wikipedia-ルスランとリュドミラ