1箱のリードに秘められた価値【選び方と育て方】クラリネット編

普段どうやってリードを選んでいますか?

初心者の方は特に「1箱買っても使えるリードが1枚か2枚ぐらいしかなかった。」と言う声が非常に多いです。どうしてでしょうか?

リードを買っても当たりが全然ない・・・

いつも同じリードばかり使ってしまいすぐダメになる・・・

そんなお悩みをお持ちの方へリードの正しい選び方と正しい育て方について書きます。

リード選びで初心者がしくじりがちなポイント

まず初心者の方が失敗しがちな例をいくつか挙げます。

そもそも自分に合っていない硬さのリードを買っている。自分のセッティングに合っていない硬さのリードを買っている人が非常に多いです。学生なら先輩同級生後輩と色々吹き比べてみて一番合うバランスを見つけてみてください。リードの銘柄によって柔らかさ、硬さはまちまちです。マウスピースによって合うリードは全く変わってきますので注意しましょう。

画像引用:リコ公式カタログ

毎日毎日同じ1枚のリードで練習しているので同じリードしか吹けなくなっている初心者の学生さん、同じリードを表面が真っ黒になるまで毎日毎日使い込んでませんか?リードは使い込み過ぎて古くなるとどんどん反応が悪くなって柔軟性が低下していきます。古いボロボロのリードでいつも練習していると、次に新しいリードを開けた時に新品の柔軟性や響き方に身体が対応出来ずに、どのリードを吹いてもしっくり来ないかもしれませんよ。

画像引用:LINEQUnknown

良いリードを見つけたらそのリードばかり使うのですぐ消耗してしまう。良いリードを見つけたらガンガン使いたくなる気持ちはわかります。しかし、新品で箱から出たばかりのリードをガンガン吹き込んでしまうと一気に消耗してしまいます。新しいリードは毎日数分ずつしか吹かずに徐々に慣らしていきましょう。後の項目で詳しく書きます。

マウスピースの先端が消耗していてリードが上手く鳴らない。中学生や高校生はこのケースめちゃくちゃ多いです。マウスピースの先端が丸く削れている場合はすぐに買い替えましょう。わからない時は新しいマウスピースと比べてみるか先生や詳しい先輩に聞いてくださいね。

次のページ「リードの育て方について」

スポンサーリンク スポンサーリンク

スポンサーリンク