Translate this page.
English French German Japanese

【サルでも出来る】自作リードの作り方!クラリネット&サックス編

スポンサーリンク

良いリードが無くて困ってる?じゃあ自分で作ってしまおう!リードの作り方をご紹介!

この記事ではリードの出来る過程をご紹介しています。実際まともに演奏出来るリードを自分で作るのは物凄く難しいので真に受けて河川敷へ行かないようにご注意ください

STEP1 葦を刈り取りに河川敷へ行く

リードを自作する為にはまず葦を探して来なければいけません。河原や河川敷などの湿地帯に生息していますので探してみましょう!

刈り取った葦を2~5年乾燥させる

枝や葉を切り落とし2~5年間乾燥させましょう!

スポンサーリンク  

STEP2 いよいよ作製開始です!

まず縦の繊維に沿って4分の1ずつに割ります。

葦のサイズによっては2分の1カットにする方がいい場合もあります。

葦の内側をガウジングマシーンで平らにします

鉋で鰹節を削るイメージでサッサッサとリラックスして作業しましょう。

こんな感じに平らになるまで削ります。超重要ポイントです。

ついでに両サイドも真っすぐカットしましょう。

ここまででこんな感じになってたら大丈夫です。こんな感じになっていない場合はSTEP2からやり直しましょう。

 

STEP3 最後の仕上げ!

表面をそれっぽく削る。

ファーストカッターが無い場合はナイフ等を駆使して下記の状態になるようにがんばりましょう。

専用工具が無い場合は死ぬほど努力が必要ですが諦めずにがんばりましょう。

リードカッターで先端をカットする

完成です!

葦の刈り取りから早数年。やっと完成です。早速自作リードで大好きな曲を演奏してみましょう!

全編動画はこちら

まとめ

リードは買った方が早い。

この記事ではリードの出来る過程をご紹介しました。実際まともに演奏出来るリードを自分で作るのは物凄く難しいので真に受けて河川敷へ行かないようにご注意ください

出典:reedworkshop

スポンサーリンク スポンサーリンク