【2017年版】クラリネットの超絶カッコいいリガチャー特集!

〈スポンサーリンク〉

ありきたりな普通のリガチャーは完全に無視してカッコよさだけに的を絞ってまとめてみます。クラリネットの超絶カッコいいリガチャーの特集です。お楽しみください。

まずはチャールズ・ベイ!カッコいいリガチャーの定番!

1つ目にご紹介するのはカッコいいリガチャーの定番。チャールズ・ベイ。彫刻の様な凄い模様だったりデザインが超かっこいいリガチャーですね!!日本でも使ってる人が多いので珍しくはないですね。その辺の楽器屋さんにも結構置いてあったりします。ベイのリガチャーはカッコいいのに値段も手頃でどのモデルも大体1万円前後で買えると思います。音は明るめな気がしますが全モデル共通して金属がかなりペラペラで薄いので取り扱い注意です。かなり昔ですが、ピアノの上にベイのリガチャーを置いてる事に気づかずその上にカヴァリーニの教本を置いてしまいペチャンコになった経験があります。

画像引用:チャールズベイ公式サイト

このベイに【PAGODA】というさらに超絶カッコいいモデルがあるのをご存知ですか?

ドーン!!!カッコよすぎるぜ!!

   

画像引用:バルドン・フィルステージ

ベイPAGODAは日本の「桜」「富士山」「五重塔とみせかけて四重塔?」のデザインが施されています。なんで四重塔なのでしょうか?面積が足りなかったのか?じゃあバスクラだったら五重塔になるのか?エスクラだと三重塔になるのか?わかりませんがとりあえずカッコいいですし1万円ぐらいで買えるのでお部屋のインテリアにいかがですか?

アクセサリーケースに指輪やネックレスと一緒に並べてデザインを楽しみましょう!

名前が最高にカッコいい!オレガチャー!!!

2つ目に紹介するのは【オレガチャー】というアメリカのサックス職人Oleg Garbuzov氏が作ってるもう名前が異常にカッコいいリガチャーです。元々サックス向けですがクラリネット用もあります。

俺がオレガチャーだ!!ドーン!!!眩しいだろう!!!

画像引用:ウインドヘブン

見た目もゴージャスですね!まるで成金社長が腕に付けているブレスレットの様です。価格は意外と安くて15,000円前後で買えます。派手すぎて使うのはちょっと恥ずかしいのでリビングのインテリアにいかがでしょうか?ちなみに私は吹いたことありません。

名前で勝負!スプリングスフローティングレイルズリガチャー!!

3つ目に紹介するのは【スプリングス・フローティング・レイルズ・リガチャー】です。オレガチャーにも負けない名前のインパクトが凄いですね。

要するに、レールがバネで浮いてるリガチャー?でリード接地面のレール2本が独立してフィットするようになっています。

どうだ!これがスプリングスフローティングレイルズリガチャーだ!!

画像引用:clarineat

見た目は単純だけど美しい。なぜか芸術的に見えてくるカッコいいデザインです。菱田祐一郎氏の【鉄のアート】にこんな感じの作品があったような気がします。

このリガチャーは、リコのリード【レゼルヴ】の開発にも携わったニューヨークフィルのマーク・ヌーチォ氏(現在はマンハッタンにいる気が・・?)が一時期使ってました。

Aさん「Bさん、リガチャーは何使ってるの?」

Bさん「Springgs Floating Rails Ligatureだよっ!!」

Aさん「えっ!?」

Bさん「スプリングスフローティングレイルズリガチャーだよっ!!」

Aさん「えっ!?」

Bさん「えっ!?」

どんな感じか気になるのでスプリングスフローティングレイルズリガチャーを試奏してみようかな。と思ったアナタ!

早速いつもの楽器屋さんに電話して取り寄せてもらいましょう!

お客さん「もしもし?スプリングスフローティングレイルズリガチャーを試奏したいんですけど何個か取れますか?」

楽器屋さん「えっ!?」

お客さん「スプリングスフローティングレイルズリガチャー」

楽器屋さん「えっ!?」

お客さん「えっ!?」

〈スポンサーリンク〉

ハートやウサギのリガチャー!MOMOスペシャル!

4つ目に紹介するのは日本製リガチャー!!アトリエモモのMOMOスペシャルです。

とっても有名で流行ってるリガチャーの一つですね!

どうですか!この思い切ったハートっぷりが最高にクールです!!

画像引用:楽器堂

見た目だけではなくプロ奏者からの評価も高いリガチャーです。これ使ってるオケマン結構います。ちなみに手作りだけあって価格もそれなりに高くて3~4万ぐらいだったと思います。

アトリエモモの河村百丈氏のハンドメイドですのでかなり品薄な状態です。

ハート以外にも【うさぎ】や【星】や【ダイヤ】があります。

画像引用:永江楽器

 

シンプルイズベストを貫く!大人のリガチャー【I.M.forウッドストーン!!】

5つ目に紹介するのは【I.M.forウッドストーン】です。インベスティゲーションズ・マンチェガス社というメーカーの商品で頭文字をとってI.Mと表記してます。石森管楽器さんとコラボしてるのでforウッドストーンブランドで販売されていますね。

なんだこれは!シンプル過ぎて逆にかっこいい!!!

画像引用:楽器堂

稼働式リングになっていて結構ピッタリというかシックリというか絶妙にいい具合にフィットします。吹奏感も私は好みでした。

ちなみに金属バージョンもあります。

画像引用:楽器堂

個人的な感想ですが、木の方が好きです。

試奏した時にだんだん指輪に見えてきたので周囲にバレないようにこっそり私の親指にはめてみましたがブカブカでした。エスクラ用があれば親指のアクセサリーとしてちょうどいいかも知れません。

〈スポンサーリンク〉

 

なんてお洒落なんだ!木霊Ⅱ限定カラー!

こっ!これは!フェラーリやマセラッティのイタリア製高級車の内装みたいな雰囲気がバンバン醸し出されてて超カッコいいじゃないか!

このリガチャーは評判もすごくいいし価格もそれほど高くないのでとってもいい感じです!

画像引用:石森管楽器

リードの接触部にはクラリネットと同じグラナディラが使われているそうですよ。

過去に何度も試奏しましたがそろそろ本当に1つ買おうか悩んでおります。この限定カラーはいつまであるのかな??

 

最後はこれ!史上最高にクールだぜ!ひも!!

これがドイツ管ヴーリッツァーのひもリガチャーだ!!

ドイツ管っていうだけで反則的にカッコいいじゃないか!!

なんと約1,000円で購入出来ます!!

アトリエボアさんで取り扱ってるみたいですが、実は私は結び方を知らないです。やっぱりドイツ管用の横溝が切ってあるマウスピースじゃないとダメなのかな??詳しい人教えてください!!

まとめ

【クラリネットの超絶カッコいいリガチャー特集!】いかがでしたでしょうか?リガチャーだけでも沢山種類があってクラリネットって楽しいですね。超絶カッコいいリガチャーを紹介しましたが、実はこの記事を書いている私が使ってるリガチャーは【クランポン純正】です。爆

もちろんこんな感じでちゃんと選定してから購入しています。

個人的な意見ですが【クランポン純正】おススメですよ!!

関連記事

〈スポンサーリンク〉 〈スポンサーリンク〉