【備えあれば患いなし】楽器保険の知識をどこよりもわかりやすくお伝えします

今回は「楽器が落下して壊れてしまった場合」や「盗難された場合」に備える楽器保険についてまとめます。高価な楽器の方はぜひ皆様ご参考下さい。トラブルに巻き込まれて不幸になる管楽器奏者を一人でも減らしたいのでこの内容を最後まで読まれた方は「シェア」や「リツイート」してお友達にも教えて頂けると嬉しいです。

楽器保険の必要性

楽器奏者の皆様、いくらぐらいの楽器を使っていますか?

例えばクラリネットの場合だとR13で40万円弱、フェスティバルで60万円ぐらい、トスカだと80万円ぐらいですよね。特にクランポンのグリーンラインが落下したら有田焼並みに美しく割れます。他にもA管B♭管セットで盗難とかマジで洒落にならない事態です。高価な特殊管も同じく。フルートやヴァイオリンなんかは目が飛び出るような高価な楽器もよくありますね。

もし万が一・・・

  • 楽器庫に置いていたら盗難された
  • 街を歩いていたらひったくられた
  • 手が滑って落下し下管が割れて修理代数十万
  • 交通事故に巻き込まれて大破した
  • 火災に巻き込まれて灰になった

何かあっても数十万~数百万のお金がポンと払えるスーパースター奏者なら大丈夫だと思いますが、普通の人はいきなり大金が必要になっても準備するのは大変ですよね。

楽器保険は、盗難された場合や全損の場合は同じ楽器を買いなおす為のお金、修理で済む場合はその修理代を保険金として受け取れます。後で書く、新価と時価の項目もしっかりお読みください。(契約内容により異なりますので十分ご確認ください)

楽器保険の加入率

ここ1週間ぐらいでお会いした管楽器奏者74人にアンケートを取りました。(口頭で軽く聞いただけ)

楽器保険に加入していると答えたのは74人中3人でした。そもそも74人にしか聞いていませんのでもっと大勢にアンケートを取れば結果は多少ズレるかも知れませんが、大体こんなものではないかと思います。ちなみにもっと高価な弦楽器やグランドピアノはこれより加入率が高い傾向にあります。

楽器保険のニーズは?

同じく管楽器奏者に聞きました。

加入している人は極わずかですが、興味がある人はとっても多いです。

楽器保険とは?

実は保険会社の中で明確に「楽器保険」という保険商品があるわけではなく、「動産総合保険」を楽器にかける場合や、「家財保険」を楽器の破損や盗難にも備えれるような契約内容でかける事を通称「楽器保険」と言います。「動産総合保険」と「家財保険」について解説します。

動産総合保険

楽器に保険をかけたいと保険屋さんに伝えて通常提案される保険がこの「動産総合保険」です。契約者の希望する動産(今回は楽器)に対してかける保険です。ではどのような場合に保険金の支払い対象になるのか確認してみましょう。

この保険は、保険の対象(保険の目的)である動産を保管中および付随 する運送中の偶然な事故による損害からお守りする保険です。お支払い の対象となる主な事故は次のとおりです。

*損保ジャパン日本興亜動産総合保険パンフレット平成29年2月改訂より引用

つまり落下による破損や盗難も当然カバーできますので安心ですね。

動産総合保険の保険料は?

保険会社によっても異なりますが、年間保険料が保険の対象にする楽器の時価額の1.1%ぐらいの保険会社が多いです。つまり、50万円の楽器だと年間保険料は5,500円、100万円の楽器だと年間保険料は11,000円ぐらいとなります。当然ですが、保険会社や楽器の使用状況、その他契約内容などによって異なります。上記保険料はあくまでもおおよその目安でお考えください。

動産総合保険では無く、家財保険で楽器を補償するには?

▼次のページに続く

スポンサーリンク スポンサーリンク

スポンサーリンク