19世紀前半のドラゴンベルを持つ楽器「ビュサン」

スポンサーリンク

ビュサンとは、1810年から1845年の間にフランス軍楽隊で普及した特徴的なドラゴンのベルを持つトロンボーンである。

ドラゴンヘッドベルの金管楽器ロシアンバスーンが神秘的でカッコいい

2017.06.04

ビュサン

ベルが非常に薄い真鍮を叩きのばして作られているため暖かく繊細な音を奏でる。

スポンサーリンク  

動画

ドラゴンの舌も可動する仕掛けになっている。


国際トロンボーン協会(ITA)の公式ロゴマークにもこのビュサンが採用されている。

出典:thelasttrombone Wikipedia

スポンサーリンク スポンサーリンク