音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

ABOUTこの記事をかいた人

クラーボ編集部

クラーボ編集部

楽器が大好きなメンバーが集まるクラーボ編集部です。楽器奏者の皆様に向けて、新鮮な情報やワクワクする情報をお届けしています。 お問い合わせはこちらからお願いします。
スポンサーリンク

ニュースメディアFNMNL(フェノメナル)が公開した『音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できる』という研究結果がネット上で話題となっている。

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけ?

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

南カリフォルニア大学の研究により、「音楽を聴いて鳥肌が立つ」経験をできるのは人口のごく一部しかいないことが明らかになった。ほとんどの人の脳ではニューロンと「音楽による鳥肌」がリンクしていないため、この現象を体験できないという。

ハーバード大学在学中からこの現象について研究を続けているMatthew Sachsによると、これを体験する人々の脳内の構造は特殊で、彼らの聴覚皮質と感情処理機能を接続する神経繊維は、一般のそれよりも密度が高いのだという。

全文はこちら→FNMNL(http://fnmnl.tv/2017/11/28/42506?articleview=more)

鳥肌とは

鳥肌(とりはだ)とは、寒さや恐怖、あるいは不快感などに反応して、皮膚の毛穴が強く閉じられ、鳥の毛を毟った痕のような細かい突起が出る現象。立毛筋の収縮でおこる。交感神経の興奮・緊張によるもので、恐怖だけでなく、強い喜びや衝撃的な事実を知った際にもこの防御反応が引き起こされる。ネコなどが毛を逆立てて威嚇をするのも鳥肌によるものである。
出典:Wikipedia-鳥肌

スポンサーリンク  

Twitterの反応

ネット上のコメント

  • ワイはレアな人間やったんか
  • ワイは凡人やったのか…………!!! 
  • 結構な割合でいるやろ 
  • うなじ辺り意識したらいくらでも鳥肌立つやろ 
  • 初めて生のオーケストラ聴いたときに立った鳥肌って含まれるんかな 
  • 初めて聴くときしか起こらんのやけど普通は何度聴いても起こるもんなんか?
  • 何百回聴いた曲でもその時の精神状態とピタッとハマると鳥肌立つ 

コメント元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1512099685

【朗報】演奏が意図せず走る原因を東京大学の研究グループが解明

2017.03.12
スポンサーリンク スポンサーリンク