農家さん「このお米はモーツァルトを聴いて育ちました」

ABOUTこの記事をかいた人

クラーボ編集部

クラーボ編集部

楽器が大好きなメンバーが集まるクラーボ編集部です。楽器奏者の皆様に向けて、新鮮な情報やワクワクする情報をお届けしています。 お問い合わせはこちらからお願いします。
スポンサーリンク

山形県のモーツァルトを聴いて育った「美味しいお米」がネット上で話題になっている。

モーツァルトを聴いて育ったお米とは?

ピカイチお米倶楽部の公式サイトには以下の説明がある。

モーツァルトなどのクラシックの名曲を毎日毎日聴きながら出番を待っているお米たちです。

新米稲刈りが終わるとすぐに、収穫された順に品質検査をを受けて順に低温倉庫へ積まれます。そして、皆さまのところへ出荷されるまでは毎日、何をしているかといいますと5℃から14℃に調整された冷蔵施設のコンサートホールの中で「音楽会」です。

朝8時に担当者がスイッチをオンにモーツアルトを中心にクラシックの名曲を流し始めます。コンサートの終わりは午後五時です。日曜日以外は毎日、曜日毎に選曲し内容を変えて音楽会は続いています。

「お宅お米おいしいね」って言って頂くことがあると、生産者の熱意とモーツァルトのお陰で悦んでいただけているのだと、そして「お米倉庫の音楽会の効果」と思ってしまうのです。これは、当農園の園主がこだわっているところで、「音楽の癒しは食べ物にも伝わる」!?と思い込んでお米の保管施設を作ったからなんです。

引用:ピカイチお米倶楽部

スポンサーリンク  

Twitterの反応

ネットのコメント

  • モーツァルトが効くかどうかはわからんけど植物や生物の育成にええ影響を与える周波数があってもおかしくはないやろ 
  • 農家「この米はショスタコーヴィチを聴いて育ちました^^」 
  • JASRAC「ほ〜ん」
  • この稲はドヴォルザークを聞いて育ちましたとかだったら絶対穏やかじゃないだろ
  • ワイお腹の中にいた頃からモーツァルト聴いとるけど引きこもりやで
  • 音波の振動が生育に影響してるんやで 
  • 少なくともこの人がモーツァルト好きなら好きな音楽聴いて仕事するわけだからいい仕事できていい米作れそう

コメント元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1511969987/

スポンサーリンク スポンサーリンク