1890年頃のドイツ製リード楽器「オクタビン」

ABOUTこの記事をかいた人

クラーボ編集部

クラーボ編集部

楽器が大好きなメンバーが集まるクラーボ編集部です。楽器奏者の皆様に向けて、新鮮な情報やワクワクする情報をお届けしています。 お問い合わせはこちらからお願いします。
スポンサーリンク

1890年頃にドイツで普及していたリード楽器「オクタビン」

一昔前までチューバやヴァイオリンの国際器楽コンクールが開催されていたドイツの小さな町「マルクノイキルヒェン」の楽器工房で誕生したと言われている。

オクタビン

管体がU字工事に折り返している事が特徴的である。キーやトーンホールはメーカーによって様々である。

クラリネットにも見え、ファゴットにも見える不思議な形をしている。

オクタヴィンは構造的にマウスピースからベルに向かう程どんどん内径が太くなる円錐管である。

クラリネットはレジスターキーで12度切り替わるがオクタビンのレジスターキーは8度となっている。この特徴がオクタビンの名前の由来と言われている。

スポンサーリンク  

バスオクタビン

今回ご紹介している写真の様なシングルリードオクタビンの動画はネット上で見つける事が出来なかった。

下記映像はダブルリードオクタビン、ぜひ参考までに。

スポンサーリンク スポンサーリンク