【閲覧注意】蜂を愛するクラリネット奏者ノウム・ゲイリー氏

ABOUTこの記事をかいた人

クラーボ編集部

クラーボ編集部

楽器が大好きなメンバーが集まるクラーボ編集部です。楽器奏者の皆様に向けて、新鮮な情報やワクワクする情報をお届けしています。 お問い合わせはこちらからお願いします。
スポンサーリンク

皆様、蜂をこよなく愛するノウム・ゲイリー氏をご存知ですか?

蜂は普段大人しい。と力説するクラリネット奏者

クラリネット奏者のノウム・ゲイリー氏は蜂で全身を覆いクラリネットを演奏する事を趣味としています。

その過激さは地元テレビ局が何度も取材にくるほど有名です。

いつも地元テレビ局のインタビュアーに対して、ゲイリー氏は「人間が蜂の巣やコロニーに危害を加えない限り彼らから襲ってくることは絶対に無い。」と力強く語ります。

ゲイリー氏の夢は気候が良くなるシーズンに蜂が安心して繁殖出来る世界を作りあげる事だそうです。

その夢の実現の為に、蜂は怖い生き物では無い事、安心安全な生き物である事をクラリネットを通じて世界中に伝えているそうです。

ゲイリー氏「私が蜂まみれでクラリネットを演奏していなかったらこのように連日テレビ局に取材される事はなかっただろう。しかしクラリネットの練習より蜂に刺されない練習の方が大変である。」

スポンサーリンク  

ノウム・ゲイリー氏の演奏

 

スポンサーリンク スポンサーリンク