Translate this page.
English French German Japanese

楽譜に出てくる謎の指示選手権まとめ

スポンサーリンク

指揮者がぶっ倒れる指示の曲も2ページ目で紹介しています♪

人生色々、楽譜も色々

Twitterで話題になっていた「楽譜に出てくる謎の指示選手権」を少しご紹介します。

無重力状態から薄い紙が落下するように加速!意外とわかりやすいかも♪


ピアノ譜なのに全音符をクレッシェンド。これは気持ちの問題ですね。念力でいけます。

各自楽器をケースに入れたまま、バラバラにステージに登場する


まさかのラジオをON

スポンサーリンク  

ティンパニとオーケストラのための協奏曲

マウリツィオ・カーゲルの力作。ティンパニとオーケストラのための協奏曲。とても有名だけどやっぱりこれが優勝ですよね。

ティンパニに頭から突っ込む。頭を突っ込んでるティンパニの表面は紙ですのでご安心ください。

動画

このティンパニに頭を突っ込む曲の作曲者であるマウリツィオ・カーゲル氏は他にもぶっ飛び系の曲を沢山作曲しています。

例えば「曲の最中に指揮者が倒れて最終的に担架で運び出されてメンバーが見送る」という曲

マウリツィオ・カーゲル作曲「フィナーレ」

観客達は。。。

マウリツィオ・カーゲル

マウリシオ・カーゲル(1931年12月24日 – 2008年9月18日)は、アルゼンチンのユダヤ系の作曲家。20代でドイツに渡り、生涯をそこで過ごした。カーゲルの音楽は、パフォーマンス的な性格が強く、社会的な批判や皮肉を備えたハプニング的要素が特徴となっている。カーゲルの「フィナーレ」の楽譜の中には、「指揮者が倒れる」という指示が出されている。他には、「ティンパニとオーケストラのための協奏曲」の終結部において、ティンパニの中に奏者が飛び込むといった指示もある。

マウリツィオ・カーゲル‐Wikipedia

まとめ

どんな指示でも楽譜に忠実に音楽を楽しみましょう。

スポンサーリンク スポンサーリンク