【10秒】打楽器奏者の木製ハンマーが“ぶっ飛んで”トランペット奏者に直撃…これは痛い…

ABOUTこの記事をかいた人

クラーボ編集部

クラーボ編集部

楽器が大好きなメンバーが集まるクラーボ編集部です。楽器奏者の皆様に向けて、新鮮な情報やワクワクする情報をお届けしています。 お問い合わせはこちらからお願いします。
スポンサーリンク

ワーグナー作曲「ニーベルングの指環」。この曲を管弦楽版に編曲した「言葉のない指環」の演奏中に悲劇は起こった。

打楽器奏者がハンマーで木材を強打するシーンでハンマーの先端がぶっ飛んでしまいトランペット奏者の頭に直撃!!

幸いケガは無く笑い話で済んだそう。

動画

スポンサーリンク  

リヒャルト・ワーグナー

ヴィルヘルム・リヒャルト・ワーグナー(ドイツ語: Wilhelm Richard Wagner 発音例 、1813年5月22日 – 1883年2月13日)は、歌劇の作で知られる19世紀のドイツの作曲家、指揮者である。ロマン派歌劇の頂点であり、また「楽劇王」の別名で知られる。ほとんどの自作歌劇で台本を単独執筆し、理論家、文筆家としても知られ、音楽界だけでなく19世紀後半のヨーロッパに広く影響を及ぼした中心的文化人の一人でもある。 Wikipedia-リヒャルト・ワーグナー

ニーベルングの指環

序夜と3日間のための舞台祝典劇『ニーベルングの指環』(ニーベルンクのゆびわ、またはニーベルングの指輪)は、リヒャルト・ワーグナーの書いた楽劇。ワーグナー35歳の1848年から61歳の1874年にかけて作曲された。ラストから発表され、4部作完結まで26年。上演に約15時間を要する長大な作品であるので、少なくとも4日間をかけ、新演出を普通1曲しか出せない為、通して演奏することはあまりないが、ドイツのバイロイトにある祝祭劇場で毎年行われる音楽祭の際やヨーロッパのAクラスのオペラ・ハウスでは赤字でも目玉としてよく上演される。
当初は北欧神話の英雄であるシグルズの物語をモチーフとした『ジークフリートの死』として着想したが、次第に構想がふくらみ現在の形となった。

4日間の内訳は以下の通り。

序夜 『ラインの黄金』(Das Rheingold):2時間40分
第1日 『ワルキューレ』(Die Walküre):3時間50分
第2日 『ジークフリート』(Siegfried):4時間
第3日 『神々の黄昏』(Götterdämmerung):4時間30分

Wikipwdia-ニーベルングの指環

スポンサーリンク スポンサーリンク