ショパンのエチュード右手をオレンジで演奏するピアニスト

スポンサーリンク

日本では数年前にのだめカンタービレのピアノ吹き替えで話題になった世界的なピアニストのラン・ランさんが、「オレンジでショパンを弾く」荒業を披露しています。

ショパンのエチュード

リンゴ版も

スポンサーリンク  

ラン・ラン

ラン・ラン(Lang Lang〔中国語 :郎朗〕, 1982年6月14日 – )は、中国遼寧省瀋陽出身のピアニスト。世界的コンクールに挑戦した経歴や入賞歴はないが、欧米のオーケストラとの共演は多い。これまでに、ボストン交響楽団、ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団、クリーヴランド管弦楽団、デトロイト交響楽団、ロサンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団、サンフランシスコ交響楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、パリ管弦楽団、香港フィルハーモニー管弦楽団、シドニー交響楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、サンクトペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団など、世界の主要なオーケストラと共演を続けている。

映画『のだめカンタービレ最終楽章』に主演した、野田恵役の上野樹里のピアノ演奏は、すべて彼によって吹き替えられている。引用:Wikipedia

関連記事

スポンサーリンク スポンサーリンク