エルンスト・オッテンザマー氏(62)急性心不全で逝去。

スポンサーリンク

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団/ウィーン国立歌劇場管弦楽団の首席クラリネット奏者を務めるエルンスト・オッテンザマー氏(62)が急性心不全の為、2017年7月22日に逝去した。

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の声明

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団は、大きな落胆と悲しみを感じています。

当団の主力メンバーであるエルンスト・オッテンザマーの突然の死をここに発表します。

エルンスト・オッテンザマーは急性心不全で2017年7月22日に逝去しました。私たち団員一同、突然の死を深く悲しんでいます。

エルンスト・オッテンザマー(Ernst Ottensamer)は、1955年にオーストリアで生まれ、ウィーン音楽大学やパフォーミングアーツでクラリネットを学びました。1979年にウィーン国立歌劇場管弦楽団に入団し、1983年以降はウィーンフィルの首席クラリネット奏者として芸術的な功績を残しています。彼は1986年からウィーン音楽大学で教鞭を執り、2000年に教授に就任しました。

彼の逝去はファンの皆様と同じく我々メンバー達にも深いダメージを与えました。彼の死去というこの受け入れがたい出来事をきっかけに我々は今まで以上に家族の様に一致団結して乗り越えていきます。

出典;SlippeDisc

出典:ウィーンフィルハーモニー公式

スポンサーリンク  

ネットの反応

私たちもコンサートを聴きにヨーロッパ旅行の日程を組んで年に数回行く大ファンでした。

ご冥福をお祈り申し上げます。

クラーボ編集部一同

出典:SlippeDisc

出典:ウィーンフィルハーモニー公式

スポンサーリンク スポンサーリンク