パパからもらったクラリネット『壊れてでない音がある〜♪』→ 冷静に考えると壊れてないw

スポンサーリンク

「パパから貰ったクラリネット」はクラリネットがぶっ壊れて困っている少年が突然「オーパキャマラド!パキャマラド!パオパオパンパンパン!」というハイテンションな謎フレーズを歌う事でお馴染みの童謡です。

今回は「パパから貰ったクラリネット」を3つの視点で解説します。

視点① クラリネットをこわしちゃったの内容を再確認

日本での曲名:クラリネットをこわしちゃった

作詞作曲:不明(フランス民謡)

原曲:J’ai perdu le do de ma clarinette

1番の歌詞

ぼくの大すきなクラリネット
パパからもらったクラリネット
とっても大事にしてたのに
こわれて出ない音がある
どうしようどうしよう
オ パキャマラド パキャマラド パオパオ パンパンパン
オ パキャマラド パキャマラド パオパオパ

とってもだいじにしてたのにと言いながら放り投げちゃってます。

かなり困っているはずですが、

 

「オパキャマラドパキャマラドパオパオパンパンパン!!」

 

と突然異常なハイテンションになってしまいます。この子が心配です。

2番の歌詞ではドとレとミの音が出ません。

というかクラリネットがバナナカーブに変形しています。

3番になると状況は更に悪化・・・

ドとレとミとファとソとラとシの音が出ない

3番の歌詞は衝撃的です。

ドとレとミとファとソとラとシの音が出ないそうです。

もう全部じゃないですか。リード付いてますか?

スポンサーリンク  

視点② 実はクラリネットは壊れていなかった説

童謡「クラリネットをこわしちゃった」の歌詞に出てくる「オーパッキャマラド、パッキャマラド、パオパオパパパ……」の部分。この「オーパッキャマラド」の意味が“深い”とネットで話題になっています。

それによると、「オーパッキャマラド(Au pas, camarade)」はもともとフランス語で「一歩一歩だ友よ(意訳)」という意味なのだそう。つまりあれは、クラリネットが吹けない息子に対し「一歩一歩進んでいこう」とはげましている父親のセリフで、実際はクラリネットは壊れていないのだ――! おおおお知らなかった!!! 一応、「オーパッキャマラド」の意味については「整列」「友よ共に歩こう」「もっとリズムに合わせてやるんだ」など諸説あり、上記はあくまで解釈の1つだそうですが、本当ならステキなお父さん&歌詞ですよね。

引用:ねとらぼ

この解釈以外にも諸説あるそうですが、とってもいい話ですね。

視点③ せっかくなのでGoogle翻訳で訳してみる

曲名を訳してみる

クラリネットこわしちゃったの原曲名は

「J’ai perdu le do de ma clarinette」

Google「私は何をする私のクラリネットを失いました」だそうです。

ちょっと良くわからないので念のためにエキサイト翻訳も試して見ます。

エキサイト翻訳「私のcのクラリネットを失わ」だそうです。

相変わらずエキサイトしていますね。ありがとうございます。

次にオパキャマラドを訳してみる

フランス語で「Au Pas Camarade」と書きます。

「ない同志へ」なかなか惜しいですね!

エキサイト翻訳はエキサイトの予感しかしないので止めておきます。ありがとうございます。

今回のまとめ

フランス語は難しい。

せっかくなので

「クラリネットを捨てなさい ジョン・トラボタル版」

の動画でも見て行ってください。メルシー!

スポンサーリンク スポンサーリンク